2018年07月12日

マジックスパイス

池袋へ向かうはずがこの暑さ。

辛さとスパイスの薬効を欲してしまい下北沢へ向かってしまった。

元祖スープカレーの『マジックスパイス 東京下北沢店』

駅から徒歩5分程。

噂には聞いていたが概観はなかなかパンチが効いている。

IMG_1459.JPG

13時少し前に到着したが10人程待っていた。

ちなみに席数は70席あるそうで結構広い。

店内は概観に負けず劣らずパンチが効いていた。

本日は事前にいろいろ調べてオーダーするものを決めていた。

ベースのカレーを選び辛さを選ぶ。

IMG_1461.JPG

IMG_1462.JPG

「チキン 1,000円 辛さ 涅槃 200円」をオーダー。

トッピングはせずランチサービスの飲み物でアイスコーヒー100円を。

10分程でテープルの上にやってきた。

IMG_1460.JPG

まずはスープを。

インドネシア料理で使われるソトアヤムベースのスープらしい。

しっかり効いたスパイス。

あっさりしたスープではあるが野菜と鶏の旨味がしっかり出ている。

ピーマン・キャベツ・かぼちゃ・人参・インゲン・ヤングコーン・サヤエンドウ等10種以上の野菜がぎっしり。

チキンはスプーンで簡単にほぐすことができるホロホロ状態。

辛さ「涅槃」は3辛ほどであるらしいが結構辛かった。

もう1つ上の「極楽」くらいまでは普通にいけそう。

額に汗をかきながら完食。

料理もさることながら店員さんはとても愛想がよく

違う意味でも楽しいひとときを過ごすことができました。

Terima kasih

posted by hiro at 17:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

薬膳スープカレー・シャナイア(Shania)


1度来てみたかった。

『孤独のグルメ』で紹介された料理の中でも1番食べてみたいと思った。

目黒区三田にある「薬膳スープカレー・シャナイア(Shania) 」

恵比寿駅から徒歩10分程。

住宅街にひっそり佇む小さなお店だが

ある程度調べてその方向に向かえばご丁寧に看板が。

IMG_1437.JPG

13時少し前に着いたがカウンターが空いていた。

システムがよく分からなかったがまずベースとなるカレーを選ぶ。

次にベースのスープを選び次に辛さ。

トッピングの有無を伝えると次はライスの種類とライスの量。

初来店はもちろん五郎さんも食した『チキンと野菜のスープカレー 1,450円』をオーダー。

昼から奮発してしまった。

スープはオリジナルで辛さは3辛。

トッピングは無しでターメリックライスの普通(200g)。

15分程でテープルの上へ。

IMG_1438.JPG

色鮮やかでまず見て楽しめる。

下に何が入っているのか気になる。

下を覗く前にまずスープを。

鶏がらをメインとした白湯スープを使用しているだけあってコクがあるけどしつこくない。

ナツメやベニバナなどの生薬が入っているそうで若干匂うがクセはない。

旨い。

今日の東京は異常に暑かったので気にもならないが冬は体の芯から温まるのだろう。

IMG_1439.JPG

人参・レンコン・かぼちゃ・ズッキーニ・大根・ピーパン・さつま芋など10種類以上の野菜がぎっしり。

大根は大きさも味もおでんのよう。

骨付きチキンは手で持つと肉が下に落ちて骨だけになりそうなくらいホロホロ。

旨すぎる。

辛さは4若しくは5辛でもよかった。

久しぶりに大満足。

奮発した甲斐があった。

近日また行く。

posted by hiro at 16:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Que Sera, Sera


東京での長い1人暮らし。

2年って聞いたのに3年半を過ぎた。

友達も作らず休みの日も基本1人。

楽。

ただ人間1人で居るといろいろなことを考える。

極力お心穏やかな時を過ごしたい。

そう心掛けている。

ここ1年いろいろなことがあり精神的に落ちることも多々あった。

落ちていても何も始まらない。

音楽や楽しい動画を観て紛らわす。

お酒もそう。

ただ内面からポジティブな志向に持っていかないとその場しのぎになる。

ジャズを聴きたいと思うときは心穏やか。

最近落語を聞くようになった。

落語もジャズ同様心穏やかでないとオチまで持たない。


数日前から簡単な瞑想を始めた。

朝と夜に数分。

いわゆる瞑想の効果を求めて取り組むと多分続かない。

習慣と継続。

時間はたっぷりあるので。


座右の銘は『Que Sera, Sera』


posted by hiro at 11:24| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ワタシが日本に住む理由


毎週月曜21:00からBSジャパンで放送されている『ワタシが日本に住む理由』

何らかのきっかけで日本に興味を持ち

住み続けている外国人の方をゲストに招いてお仕事や生活ぶりを紹介する。

とてもおもしろい。

外国人視点で見る日本。

我々日本人が気づいていない日本の良さを外国の方が教えてくれる。

本日9日は3時間スペシャル。


BSとテレ東はおもしろい(見てしまう)番組が多い。

posted by hiro at 15:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

ベルギー戦


朝一で会議があるため悩んだが日本国民としてベスト8の瞬間はどうしても生で観たい。

寝付きが悪いことと暑さが幸いし

エアコンオフにテレビと電気をつけっぱなし作戦でうとうと。

暑さで目が覚めたのは試合開始から10分を経過したところだった。


賛否のセネガル戦から中3日。

もう終わったことをあ〜だこ〜だと言っている方達を黙らせるには勝つしかないと思っていたが

あの試合を忘れさせてくれる素晴らしい戦いだった。

素人が見ていても日本は勝つためにこういう戦いをするというのが分かる試合展開。

徹底していたし見事にハマっていた。

とても面白かった。

そしてワールドクラスの2ゴール。

感動した。


決定的な3点目を取るか1点返されるか。

サッカー素人の見解としては事故のような1点目が悔しい。

シュートをした選手は狙っていた世界レベルのプレーだと思うがまさかあれが入ってしまうとは。

サッカーではよく2-0は危険なスコアだと言われる。

あの1点で嫌な予感がしてしまった。

ただ日本は決して守りに入っておらず

明らかに3点目を狙っていたことが今までと違うようにも感じた。

相手の3点目は攻めていたところからの失点。

ただこれを正確に得点できるのが世界トップクラスのチームとの「差」ではないかと思った。

それくらいではないか。

親善試合ではあるが2012年の対フランス戦の勝利を思い出した。

そして拳で地面を何度も叩いて悔しがる昌子選手が印象的だった。

あの悔しさが必ず次に繋がると思う。

夢と希望を与えてくれたベスト16。

本当に楽しませてくれた4試合だった。

ありがとう。



posted by hiro at 17:06| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

桂 歌丸さん


歌さんが逝ってしまった。

物心ついた時から日曜の17時半に歌さんのお顔を拝見していた。

司会の歌さんより解答者の歌さんが好きだった。

家族団らんの時に歌さんが居た。

単身赴任でひとり寂しい時にも歌さんが居た。

昨日の17時半も歌さんは居た。

毎週お会いしていたのに。

とても寂しい。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

posted by hiro at 21:18| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華シブヤのニラ玉

DCA69C9A-40B5-4137-BC20-94BB9F9AAD9D.JPG

孤独のグルメSeason7最終回。

井之頭五郎が美味しそうなものを食べていた。

東京都中央区八丁堀にある『中華シブヤ』の「ニラ玉」。

放送3日後はかなり混み合うことを覚悟の上

でもあまり並ぶのは嫌だったので開店5分前に現場に着く。

1人も並んでいなかったので誰か1人入ったら突入

と思っていたら5人の団体が店内へ。

すかさず後を追う。

なんと店内は満員だった。

15分早く開けていたそう。

意外に狭い店内であるため基本相席。

ちょうど食べ終わった方がいたので直ぐに座れた。

この日のランチは「ニラ玉 650円」のみ。

気がつかなかったが入口には貼り紙もしてあった。

テレビの影響を考えての一品勝負。

さすがだ。

何もしらない常連のおじ様は残念そうだった。

普段何を食べているのだろう。

プラス150円でライスとスープ。

BB6D1894-F0B2-4B8D-AA24-16A51BAA2816.JPG

濃い目に味付けされた大量のニラと豚バラ肉。

その上にふんわりとした玉子が覆いかぶさる。

箸で玉子を切り分けながらニラと豚肉をちょうどよいバランスにして口の中へ。

白飯との相性は抜群。

旨すぎる。

ビールがあれば言うことなし。

五郎さんが食べていたエビチリにエビトーストやアルコールは夜のみだそう。

他のメニューも食べてみたいので今度は仕事帰りに寄ってみたい。

posted by hiro at 13:45| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

Carpool Karaoke


最近You Tubeでよく観ている。

英コメディアンのジェームズ・コーデンが

有名アーティストやセレブを招いて車でカラオケするという番組。

ゲストのリラックスした雰囲気や楽しそうに持ち歌を歌う姿が新鮮。

ジェームズ・コーデンは今年のこの番組のおかげもあってか今年のグラミーの司会を任された。

友達になりたいような人懐っこいキャラ。

最近アップされたポール・マッカトニーの動画が素敵だった。

リヴァプールをドライブする2人は「Drive My Car」や「Penny Lane」を楽しくうたう。

昔通っていた床屋さんや住んでいた家を訪問。

最後にとあるバーでお客さんがジュークボックスで選曲するとサプライズの生演奏が。

お客さんが心から楽しんでいる表情がたまらない。

この場所に居たかった。






posted by hiro at 22:34| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

木梨憲武 


とんねるず世代。

「みなさん」は青春時代を共に過ごしてきた番組。

終わってしまって本当に残念。

ノリさんはこんな人になってみたいと思うひとり。

笑いのセンスはツボ。

ノリ男とかノリ子とかいろいろ。

タカさんもノリさんには敵わない

東で1番面白いと何かの番組で言っていた。

ファッションセンスもよい。

人も良さそう。

そんなノリさんに友人がハワイで偶然会って写真を撮ってもらい

それをLINEで送ってもらった時は少し妬いた。


最近は芸術家としてのノリさんに非常に興味がある。

『おうち-光-』や『フェアリーズ』

『おうち』に『お手月 REACH OUT』

『This is Where I want to be』とか『花 flower』

絵の素人が言うのはなんだが素晴らしい。

特に上記の作品は色の使い方や構図が好み。

先週までロンドンで展覧会が開かれていたらしい。

来週の大阪を皮切りに2020年まで各地で開催されるようなので行ってみたい。


絵心は全くないが

真剣に絵を描いてみたいと思う。

その前にアトリエを造らねば。

楽しみだ。


posted by hiro at 17:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賛否両論


日本戦がまた見られるということでは良い結果となった。

決勝T進出ということだけ考えれば監督の采配は結果見事。

ただコロンビア1-0セネガルの状況ではかなりの博打。

日本が負けていたこともありポーランドがこなかった。

監督なら考えると思う。

コロンビアがあの時間2点以上の差で勝っていればもっと楽だったかもしれない。

昨日のポーランドのコンディションであればもっといけたと思う。

状況は違うにせよ一昨日の韓国のように攻めて欲しかった感は否めない。

多少のリスクは覚悟の上で最後まで攻めまくって欲しかった。

結果負けたとしても「感動した!」

個人的にはそう思いたい試合展開が観たかった。

賛否両論あるでしょうが

この議論を終結させるにはベルギーに勝つしかない。


月曜日の27時キックオフ。

明朝朝一で会議。

起きていようか早起きしようか悩む。


posted by hiro at 11:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする